イタリアって面白い!

athteionvg.exblog.jp

ボローニャ空港 ライアンエアー

人生初のLCCがイタリア国内にて、アイルランドの航空会社「ライアンエアー」となりました。
b0326809_1652558.jpg
まずはボローニャ市内から空港へ。
ボローニャ中央駅から 中心地に行くロータリーの所にボローニャ空港行きのシャトルバスの乗り場があります。
キッブは社内で。
この時は席についてから、運転手さんのところに戻ってチケットを買いに行きました。

b0326809_1653337.jpg
出発ロビーに向かい、カウンターで荷物をチェックインします。
ちなみにライアンエアーでは 事前にWEBチェックインを全員するようです。
ヴィザチェックのハンコというのは、どうも国際線の時に必要で、イタリア国内線にはそんなスタンプはカウンターでもらわなくても良さそうです。
とにかく重量にはうるさそうなライアンエアーなので、皆様お気を付けてくださいませ。
b0326809_165405.jpg
無事にチェックインして、空港内をウロウロ散策すると、こんなお店が。
さすが、ボローニャという品揃えですね。

b0326809_16142525.jpg

ゲートの所に、PRIORITYという「優先搭乗」のレーンがありますが、あんまり関係ないかも。
というのもみんなここに来てしまうので、誰も規制していませんしね。
一応 ビジネスクラスの人はこのレーン適用できます。

b0326809_1618813.jpg
驚いたのは、ゲートから飛行機に乗るときのシャトルバスにゴムで線を渡されていて、プライオリティーの人とそうでない人でいるエリアを分けていました。
昔 事前にシートリクエスト出来なかった時の名残りなのか、
我さきにと皆行ってしまうので、こうなったのかと思っています。


b0326809_16181558.jpg

[PR]
# by athteionvg | 2015-01-03 16:04 | 空港

メストレ べネト州

ヴェネチアから列車で一つの所にある「メストレ」。
b0326809_13565492.jpg

ヴェネチアの街に泊まると、宿泊費などが結構高くなります。
もう少しコストを抑えたい時などは、ここ「メストレ」がお薦め。

駅の目の前にはたくさんのホテルがあり、ベネツィアに向かうメストレ駅発着のバスも24時間営業で頻繁に運行。非常に便利です。
b0326809_13581423.jpg

横断歩道一つわたるだけで、駅というホテルが並びます。
b0326809_13585684.jpg

この駅から、徒歩で15分前後行くと中心地がありますが、そこに行くまでにはスーパーや雑貨店・公園などがあって、イタリア人の日常が垣間見れます。
中心地のごはんはなかなか美味しいと、よく耳にします。

こちらはメストレのホテルで食べたランチですが、なかなか美味しそうでしょう?
b0326809_13563311.jpg

実際美味しかったですよ。
ベネツィアの雰囲気とは違いますが、リーズナブルに滞在して、ベネツィアの街を満喫するにはもってこいの街「メストレ」です。

イタリア旅行の申し込みはこちらまで⇒20年以上続くイタリア専門 旅行会社アステイオン ホームページ

ヴェネチア直行便運航中 アリタリア航空

b0326809_145150.png

[PR]
# by athteionvg | 2014-10-28 14:06 |

アリタリア航空 マニフィカクラス 女性用キット

マニフィカクラスにはこの冬からサルヴァトーレ・フェラガモの男性用と女性用のキットがあります。
b0326809_17521998.jpg
ワタクシは一応女ですので、女性用を頂きましたが、こんな袋に入って最初の方に配られます。
b0326809_17523774.jpg
靴下、ブラシ、リップクリーム、ハンドクリーム、アイマスク、歯ブラシ、耳栓など等。


とにかく やっぱりマニフィカクラスに搭乗すれば、あっという間に目的地に着きます。
楽です。
なかなか乗れませんが、また乗りたいです。

イタリア旅行のお手配は イタリア専門旅行会社 アステイオン HP まで 

b0326809_1424214.png

[PR]
# by athteionvg | 2014-06-12 17:55 | 飛行機

アリタリア航空 マニフィカクラス 朝食

離陸してからのお食事が終わり、座席をスライドさせフルフラットにして寝ると、アッという間に着陸前の朝食になりました。
体感的にはエコノミークラスの半分以下の機上時間です。
こちらはマニフィカクラス専用のバーカウンター。
やはりエコノミークラスよりは品ぞろえがいいです♪
b0326809_13502071.jpg
書き漏れていましたが、搭乗すると新聞などももらえますので、日本語イタリア語お好きなのをどうぞ。
ブラッドオレンジジュースと共に。
b0326809_13492876.jpg
イタリアンスタイルの朝食という事で選択肢はなし。
スクランブルエッグ、チーズ、グリーンピース入りのクレープ
ルガーネガソーセージ、キノコのソテーと焼いたチェリートマト 
b0326809_13493925.jpg
季節のフルーツ、オリーブオイル風味のロールパン、ペストリー各種
バター、はちみつ、ヨーグルト、ジャム

結構おなかいっぱいです。
夕食から寝てるだけですからね、おなかはあまり好いてませんね。
b0326809_13495382.jpg
そしてやはりエスプレッソをいただきました。
b0326809_1350521.jpg




イタリア旅行のお手配は イタリア専門旅行会社 アステイオン HP まで 

b0326809_1424214.png

[PR]
# by athteionvg | 2014-06-11 14:03 | 飛行機

アリタリア航空 マニフィカクラス お食事

さて、ローマから東京に行く便のこの冬の機内食です。
国際的に有名なイタリア料理学校「アルマ」の巨匠シェフたちによってメニュー作りが行われているそうです。

マニフィカクラス専用のお品書きには、豊富なワインリストあります。
イタリアワイン好きにはたまらないでしょうね。
b0326809_13292094.jpg
私は飲めないので、ジンジャエールと頼んだら、トニックが出てきました。
前菜は2品。
ズッキーニ、ポテト、ほうれん草、ニンジン、からすみを詰めて焼いた舌平目。
b0326809_1329389.jpg
もう一つが、挙げた田舎パン チコリのソテー、角切りトマト、カチョカヴァッロチーズ添え
b0326809_13294910.jpg
プリモは2種から選べますが、両方少しずつもできます。
チェリートマト・オレンジピール・アンチョビ・葉タマネギ・焼きクルトンのソースで和えたパスタ 野生のフェンネルの香りと共に
う一つが サンマルツァーノトマトとバジリコのパスタ
b0326809_1330156.jpg
セコンドもお肉か魚から選べます。
私はお魚で、「スズキのオレンジ・フェンネル・葉タマネギ・オリーブソース添え」
付け合わせは、ポテトのロースト・トマトのオーブン焼き オレガノ風味・詰め物をしたズッキーニのオーブン焼き
季節のサラダから選べます。

パンも4種類からお好きなのを選べました。
b0326809_13301424.jpg
この時のドルチェはレモン風味のホイップクリーム「クレーマ デル ラーリオ」
と季節のフルーツです。

b0326809_13452148.jpg
エスプレッソか紅茶を選べて、エスプレッソを頼むと、蓋付きのジノリの磁器でサーブされます。
いいですね。

イタリア旅行のお手配はイタリア専門旅行会社 アステイオン HPまで 

b0326809_146848.png

[PR]
# by athteionvg | 2014-06-10 19:25 | 飛行機