イタリアって面白い!

athteionvg.exblog.jp

カテゴリ:街( 2 )

バジリカータ州 マテーラ

b0326809_1548522.jpg
南イタリアのバジリカータ州にある街、マテーラ。
新市街と旧市街があって、新市街は良くイタリアで見られる街の様相。
一転して旧市街は、石灰質の岩石に作られた「サッシ」と呼ばれる洞窟住居があることで近年特に話題になって来た非常に面白い街です。
「マテーラの洞窟住居」は1993年にユネスコの世界遺産に登録されました。
2019年の欧州文化首都に選ばれています。
b0326809_1549966.jpg

旧市街は丘になっているチヴィタ地区とサッソ地区(複数形でいうとサッシ)があって、グラヴィーナ渓谷の斜面に作られたサッシ地区は、地区を二つに分ける丘の上に立てられたドゥオモを挟んで、北側を①サッソ・バリサーノ、南側を②サッソ・カヴェオーソというエリアに分れています。
①のバリサーノというのは隣の州の町バーリに近い側と言うことで、バリサーノと呼ばれています。

b0326809_1549439.jpg
こちらは、道路が狭く坂が多い街に便利な、観光の乗り物。
とっても可愛いです。
b0326809_15503117.jpg
マテーラに行ったら是非最低一泊はして頂いて、夜の雰囲気を味わって頂きたい。
タイムスリップしたような街並みがそのまま残り、夜も比較的治安は良く、12時くらいに歩いていても危険な感じはありませんでした。
というか、あまり人は歩いていませんでしたが、地元の人に聞いても大丈夫だよとの事でした。
b0326809_15533096.jpg

2015年頭までは、2016年2月ごろに公開される、「ベンハー」のリメイク映画の撮影が行われていました。また以前メル・ギブソン主演の「パッション」の撮影にも。
b0326809_15545495.jpg
坂の街ですので、街歩きにはとにかく歩きやすい靴が必要ですが、個人的には南イタリアのアルベロベッロより魅力的な街ではないかと思います。
まだそこまで観光地化されてない所と、マテーラの人の誠実な人柄。
古代から中世の歴史の話が満載で、しかも見たり体験できたりします。

8年前に来たことがある人によると、大分ホテルなどの宿泊施設も増え、街も綺麗になり、いい意味で観光しやすくなった様です。でも客引きが多くいるわけでもなく、落ち着いた雰囲気。

この街を訪れるには、街の歴史などを下調べしていくと本当に面白い経験になると思います。
最寄りの空港は、お隣のプーリア州のバーリ空港。
バーリ空港から私鉄が運転してますが、基本学生用なので平日のみの運航。
その他は送迎などの車手配などの移動になりますが、2度目以降のイタリアには是非訪れてみたい街です。

次回はマテーラの洞窟ホテル情報。


イタリア旅行の申し込みはこちらまで⇒20年以上続くイタリア専門 旅行会社アステイオン ホームページ
[PR]
by athteionvg | 2015-07-15 23:46 |

メストレ べネト州

ヴェネチアから列車で一つの所にある「メストレ」。
b0326809_13565492.jpg

ヴェネチアの街に泊まると、宿泊費などが結構高くなります。
もう少しコストを抑えたい時などは、ここ「メストレ」がお薦め。

駅の目の前にはたくさんのホテルがあり、ベネツィアに向かうメストレ駅発着のバスも24時間営業で頻繁に運行。非常に便利です。
b0326809_13581423.jpg

横断歩道一つわたるだけで、駅というホテルが並びます。
b0326809_13585684.jpg

この駅から、徒歩で15分前後行くと中心地がありますが、そこに行くまでにはスーパーや雑貨店・公園などがあって、イタリア人の日常が垣間見れます。
中心地のごはんはなかなか美味しいと、よく耳にします。

こちらはメストレのホテルで食べたランチですが、なかなか美味しそうでしょう?
b0326809_13563311.jpg

実際美味しかったですよ。
ベネツィアの雰囲気とは違いますが、リーズナブルに滞在して、ベネツィアの街を満喫するにはもってこいの街「メストレ」です。

イタリア旅行の申し込みはこちらまで⇒20年以上続くイタリア専門 旅行会社アステイオン ホームページ

ヴェネチア直行便運航中 アリタリア航空

b0326809_145150.png

[PR]
by athteionvg | 2014-10-28 14:06 |